睡眠不足と高血圧の関係

Posted by active7jp on — Posted in 未分類

ぐっすりと眠れなかったり、何らかの原因で睡眠不足が続き不眠状態になると、メラトニンなどの物質が低下して交感神経が亢進します。交感神経が亢進すると、血管がぎゅっと縮み、心拍数も大きくなってしまい、血圧を上げる原因になってしまいます。

それとともに体の中の塩分を排出する力が抑制されて、体から塩分が排出されにくくなるため高血圧になりやすくなってしまいます。睡眠不足を解消してしっかりと睡眠をとることで高血圧を予防することにもなります。

高血圧の人が注意したいこと

自分の血圧が高いと自覚をしていますか。していない人でも睡眠時間が短い人は注意したほうが良いでしょう。睡眠不足は、高血圧になるという実験データがあります。睡眠時間が短い人のほうが、血圧が高い傾向にあるということです。なぜかというと、自律神経が関係しています。自律神経のバランスが睡眠時間が短い人は乱れてしまうのです。脳が常に覚醒状態になってしまうことで、高血圧になります。睡眠不足にならないようにして防ぎましょう。

睡眠不足はダイエット効率が低下

Posted by active7jp on — Posted in 未分類

睡眠不足になるとダイエット効率睡眠不足はダイエット効率が低下が低下すると言われています。

睡眠は体力の回復や神経や内臓の修復や回復を促すもので、睡眠の質が悪化してしまうと日中は活動力が低下してしまい、臓器の働きも悪くなり、体が怠い状態になってしまいます。

臓器の働きが低下すれば免疫力も代謝力も落ちてしまうので、体の流れが悪くなり栄養素や老廃物も流れにくくなります。

そうなると代謝によって脂肪燃焼効率が悪くなってしまい太りやすい体質に変わってしまうのです。

ダイエットしているなら睡眠を

睡眠不足になってしまうと、とても太りやすくなってしまいます。睡眠時間が短くなってしまうと、食欲をつかさどるホルモンのバランスが乱れてしまうのです。そして、過食に走ってしまい、たくさん食べるようになるというわけです。実際に、データも出ており、睡眠時間が十分な人のほうが肥満率は低かったのです。ダイエットをしているということであれば、しっかりと寝ましょう。睡眠不足にならないように生活リズムを整えることが大事です。

カフェインと睡眠不足

Posted by active7jp on — Posted in 未分類

カフェインは睡眠不足に影響があると言われています。眠気覚ましに珈琲や濃い緑茶を飲むと良いと言われており、逆に寝る前に飲むのは良くないと言われます。しかし、中にはこれらを飲んでもすぐに寝れる・眠くなるという人もいます。ですが、睡眠の質を悪化させてしまう恐れもあります。
意外と勘違いされているのが、珈琲より紅茶のほうがカフェインが多いということです。(濃度を一緒にした場合)睡眠不足にならない為にも、寝る前は麦茶などノンカフェインのものが良いです

カフェインの起こす作用について

コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれているカフェインは睡眠不足の原因とされています。
カフェインには覚醒作用があり、4~5時間作用が続きます。昼間に飲むことに関してはあまり影響しませんが、夕方以降に飲むと寝る前に影響が出てきます。
カフェインは、寝付きを悪くする働きがあるとともに、深い眠りを妨げる原因となり、夜中も途中で目覚めてしまうなど、結果睡眠不足に悩まされることになります。
この点を注意して日常生活において、コーヒーなどの摂取に気を付けることが重要です。