睡眠不足で太るということについて

Posted by active7jp on — Posted in 未分類

摂取カロリーが消費カロリーを上回ると太るというのが肥満に対する一般的な考え方でしょう。しかし、複数の研究機関によって、睡眠不足も太ることの原因になりうると報告されています。その理由には二つあります。

一つが食欲を司るホルモンの乱れです。睡眠不足になると食欲抑制ホルモンと食欲増進ホルモンの分泌に乱れが生じ、肥満のリスクが高まるということです。もう一つの理由は、睡眠不足は脳に大きな影響を与え、脂肪分の多い食事を欲するようになるということにあります。睡眠時間を確保するということは、太りにくい体を作る上でとても大切だということです。

太る原因としてこんなこともあります

太る原因には消費するカロリーよりも摂取カロリーが多い事や代謝が落ちてしまったことなどがありますが、その他にも意外な原因があるのです。それは睡眠不足です。
睡眠を取らないで活動すればカロリーを消費して痩せるのではと思うのは間違いで、睡眠不足によってホルモンのバランスが崩れてしまい、食欲を抑えるホルモンが減少するのに、増進させるホルモンが増加してしまうと言う現象が起こるので、結果太りやすくなってしまうと言うわけです。

睡眠不足が与えてしまう影響について

Posted by active7jp on — Posted in 未分類

日々の仕事が忙しい方や、家事なども忙しい方の場合では、睡眠不足に陥ってしまうことがあります。諸説ありますが人には最低でも1日に6時間以上の睡眠が必要とされていて、下回っている方の場合では日常生活に影響してしまうことがあり、注意することが必要になります。例えば日中に睡魔が訪れることもあり、眠気によって集中力が低下してしまい、注意力も散漫になってしまうことがあります。特に自動車を運転する必要のある方の場合では、しっかりと睡眠時間を確保することが求められています。

睡眠は心と身体に影響します

現代人の大半は今、十分な睡眠を取れていません。
しかし、睡眠不足は身体に様々な影響を及ぼします。

睡眠とは脳や身体を十分に休めて免疫力を回復させる働きがあります。
睡眠が十分でないと免疫力が低下し、様々な病気にかかりやすくなります。

また、脳の疲れも取れていないのでストレスが溜まりやすくなったり、判断力が低下することがあります。

仕事を頑張るあまり睡眠を削り、病気になったり、判断力の低下で事故が起きては意味がありません。
しっかり仕事をするためにも、十分に睡眠時間を確保しましょう。

中途覚醒を何度もするために睡眠不足になる

Posted by active7jp on — Posted in 未分類

睡眠不足の、原因として寝付きが悪い入眠障害と途中で目が覚める中途覚醒があります。
しかし、入眠障害と比べると中途覚醒は中々改善が難しくなります。
特に、年配になるほど一度目が覚めるとそこから寝ることが出来ない人が増えてます。
対策としては、睡眠ホルモンのメラトニンの原料であるセロトニンが不足しているので補うことです。
そのためには、必須アミノ酸のトリプトファンを脳内でセロトニンに分解させる必要があります。
これらを、多く含む食品は肉類や大豆、牛乳、バナナなどですが同時にぶどう糖などの炭水化物を摂ると効果的です。

何度も目が覚める中途覚醒

いったん眠っても夜中に何度も目が覚めてしまい、また眠るのに時間がかかってしまう症状を中途覚醒と言います。中途覚醒は強いストレスがあったり、心配事や不安があるときなどにおこりやすく、何度も目が覚めてしまうために熟睡することができず、睡眠を十分に確保できないために睡眠不足になってしまいます。あまり長く続くと体の疲れも取れにくくなり、日常生活にも支障をきたしてしまうこともあります。自分なりのストレス解消法を見つけたり、入浴を長めにとって体をリラックスさせるなど眠れるような工夫が大切です。

寝酒での睡眠不足の効果は

Posted by active7jp on — Posted in 未分類

アルコールには確かに鎮静効果や入眠効果がありますが、身体はすぐにアルコールに順応してしまい寝酒の効果は薄れます。

また、アルコールでは、良質の睡眠をすることが出来ず浅い眠りになり睡眠不足に繋がります。
そのために、熟睡をしているようで身体は休めていないのです。
また、寝酒が習慣化すると次第に飲む量が増えていく可能性があります。
どうしても、飲む場合は控え目な量が無難です。
お酒に例えると日本酒で約1合で、ビールなら大瓶1本ほどが適量です。

寝酒で眠ろうとすると

寝ようと思っているのに、なかなか寝付けなくて、寝酒を飲んでしまうということはありませんか。実は、アルコールを飲むことで、体を無理やり休ませているというだけです。実際には、自分で眠ろうと思っているわけではないので、実質的に睡眠不足になってしまいます。深酒になればなるほど、睡眠不足になりやすくなってしまいます。少量であればあまり問題はないでしょう。睡眠時間が長くても、アルコールの量が多いと睡眠の質が悪くなってしまいます。

睡眠不足と高血圧の関係

Posted by active7jp on — Posted in 未分類

ぐっすりと眠れなかったり、何らかの原因で睡眠不足が続き不眠状態になると、メラトニンなどの物質が低下して交感神経が亢進します。交感神経が亢進すると、血管がぎゅっと縮み、心拍数も大きくなってしまい、血圧を上げる原因になってしまいます。

それとともに体の中の塩分を排出する力が抑制されて、体から塩分が排出されにくくなるため高血圧になりやすくなってしまいます。睡眠不足を解消してしっかりと睡眠をとることで高血圧を予防することにもなります。

高血圧の人が注意したいこと

自分の血圧が高いと自覚をしていますか。していない人でも睡眠時間が短い人は注意したほうが良いでしょう。睡眠不足は、高血圧になるという実験データがあります。睡眠時間が短い人のほうが、血圧が高い傾向にあるということです。なぜかというと、自律神経が関係しています。自律神経のバランスが睡眠時間が短い人は乱れてしまうのです。脳が常に覚醒状態になってしまうことで、高血圧になります。睡眠不足にならないようにして防ぎましょう。

睡眠不足はダイエット効率が低下

Posted by active7jp on — Posted in 未分類

睡眠不足になるとダイエット効率睡眠不足はダイエット効率が低下が低下すると言われています。

睡眠は体力の回復や神経や内臓の修復や回復を促すもので、睡眠の質が悪化してしまうと日中は活動力が低下してしまい、臓器の働きも悪くなり、体が怠い状態になってしまいます。

臓器の働きが低下すれば免疫力も代謝力も落ちてしまうので、体の流れが悪くなり栄養素や老廃物も流れにくくなります。

そうなると代謝によって脂肪燃焼効率が悪くなってしまい太りやすい体質に変わってしまうのです。

ダイエットしているなら睡眠を

睡眠不足になってしまうと、とても太りやすくなってしまいます。睡眠時間が短くなってしまうと、食欲をつかさどるホルモンのバランスが乱れてしまうのです。そして、過食に走ってしまい、たくさん食べるようになるというわけです。実際に、データも出ており、睡眠時間が十分な人のほうが肥満率は低かったのです。ダイエットをしているということであれば、しっかりと寝ましょう。睡眠不足にならないように生活リズムを整えることが大事です。

カフェインと睡眠不足

Posted by active7jp on — Posted in 未分類

カフェインは睡眠不足に影響があると言われています。眠気覚ましに珈琲や濃い緑茶を飲むと良いと言われており、逆に寝る前に飲むのは良くないと言われます。しかし、中にはこれらを飲んでもすぐに寝れる・眠くなるという人もいます。ですが、睡眠の質を悪化させてしまう恐れもあります。
意外と勘違いされているのが、珈琲より紅茶のほうがカフェインが多いということです。(濃度を一緒にした場合)睡眠不足にならない為にも、寝る前は麦茶などノンカフェインのものが良いです

カフェインの起こす作用について

コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれているカフェインは睡眠不足の原因とされています。
カフェインには覚醒作用があり、4~5時間作用が続きます。昼間に飲むことに関してはあまり影響しませんが、夕方以降に飲むと寝る前に影響が出てきます。
カフェインは、寝付きを悪くする働きがあるとともに、深い眠りを妨げる原因となり、夜中も途中で目覚めてしまうなど、結果睡眠不足に悩まされることになります。
この点を注意して日常生活において、コーヒーなどの摂取に気を付けることが重要です。